FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  長崎の町家
tag : 


少々予定よりも時間がかかってしまいましたが、ようやく昨日役所の完了検査を受けることができました。
道路斜線ギリギリなので正直かなりヒヤヒヤしましたが。。。

検査も無事パスし、心も落ち着いたところで、じっくりと夕方から夜にかけての表情を確認してきました。格子から溢れる光が柔らかい光を商店街に与えていました。

間口3mしかない住宅ですが、商店街の通りに対してささやかな公共性をもたせることができたかなと思います。

IMG_2480.jpg



5/6(月/祭日)にお施主様のご厚意でオープンハウスをおこなうことになりました。興味のある方はsmie@mori-archi.comまでご連絡下さい。詳しい情報をお送りいたします。

IMG_2440.jpg

IMG_2439.jpg

IMG_2435.jpg


IMG_2461.jpg

Category :  長崎の町家
tag : 

屋根の板金がほぼ葺き終わりました。お施主さんと選んだちょっと赤みがかったレンガ色(?)もとてもいい感じです♪外壁も同じ色になります。

IMG_1881.jpg
↑階段横の大きな窓からも光が沢山入っていました。

IMG_1854.jpg

商店街の中の店舗兼住宅という事で周囲の視線も気になります。この案件でも僕が多用する格子を用いるのですが、今回は今までやった事の無い「横格子」です。40×140の大きな材を用いて格子を構成するのですが、見え方の面白さと材料の補強(反り防止)も兼ねて縦材も同じ材料をランダムに見せるようにしました。

格子表情
↑奥行きがかなりある材料を使用するのでちょっと面白い見え方をすると思います。

最近『見えにくい』ことこそが広がり感を生む事に気づきました。もちろん本当に見えないとどうしようもないのですが、移動する事で景色が変わることの豊かさに惹かれています。

波佐見のいえのリビングも「見えにくい」ということを意識しています。

IMG_1812.jpg
↑これは実際の大きさの模型です。材料の大きさを変えて何種類か作ってみて検証しています。

これからが楽しみな物件です♪
Category :  長崎の町家
tag : 


鉄骨の建て方が終わるや否や内装の下地である木工事が始まりました。通常鉄骨の住宅の場合、下地には軽量鉄骨を用いるのですが、結露のリスクを減らすために熱伝導率の低い木をあえて使っています。

鉄骨の住宅は結露対策に非常に気を使うのでこれからが本番ですね♪


Category :  長崎の町家
tag : 
IMG_14 l542

細長い敷地に細長い建物がついに建ちました♪巾は3m程しかありませんが、予想よりも広く感じますね。

階段の位置に関しては様々なパターンをスタディした結果だったのですが、階段横のスペースも心地よく、この位置が正解だったと確信できました。

正直言うと、当初は僕は違う階段のパターンを推していたのですがお施主さんとの打ち合わせの中でこの案に最終的に変化して行きました。一緒に考えて作り上げていくことってとても大切ですね。

IMG_145450.jpg




Category :  長崎の町家
tag : 



鉄骨の工場に製品検査に行ってきました。僕は自他ともに認める工場フェチです。機能性と合理性のみを追求した内装や各種レイアウトは非常に合理的でかつ美しいです。

しかしながらこの合理性を超えたデザインの良さもあり、それこそが、説明できない心地よさや居心地の良さを生み出していると思います。。。片方だけに偏らないバランスがとれたデザインを心がけたいですね。


IMG_1276.jpg

検査自体は特に問題なく終了しました。とりあえずは今週末からの建て方を楽しみに待つだけです。


IMG_1274.jpg

Category :  長崎の町家
tag : 


地中梁の配筋検査です。細長く背の高い建物を4つの布基礎によって支持する構造になっています。構造設計の方と最も経済的な方法を検討してこの基礎形式を採用しています。鉄骨造なのでこの基礎形式で可能ですが、これがコンクリート造なら全面べた基礎+本格的な地盤改良が必要になったと思います。

同時期にフラット35の図面審査もおこないました。事前打ち合わせの際、担当者も鉄骨造のフラットの審査はあまり経験がないらしく結構いい加減な感じです。。。『多分良いと思いますよ♪』と『多分』を連発。何のための事前打ち合わせなのか。。。要求される仕様が変われば当然工事費に影響がでてしまいます。僕が『多分じゃ困ります』と食い下がると少々面倒くさそうな表情。。。なんでこういう人たちが審査してるのでしょうかねぇ。。。ま、結果は何も問題なく通ったので良かったですけど。

ちなみに『多分』は僕が一番嫌いな言葉。プロが使ってはいけない言葉だと思ってます。


Category :  長崎の町家
tag : 


基礎の工事が進んでいます。床堀り面にシャベルで実際に掘ってみて感触の違い、地盤の堅さの違いを確認したところほとんどが固くて良い地山だったのですが、一部柔らかい層が確認されましたのでお施主さんと相談して地盤改良をおこないました。

基礎は見えないところですが、念には念をいれて慎重に進めないといけません。

昨日もトンネルの天井が落下する大変な事故がおこってしまいましたが、あんな重い物を天井から『ぶら下げる』という手法は建築にはない考えですね。。もちろん35年程前の工事なので当時の基準はかなりいい加減だったのかもしれませんが。。。

よくオフィス等でも石を天井に使用している例を見かけますが、よほどの事が無い限り避けるべきだと個人的には思います。常に『落下』という危険と隣り合わせなのですから。。。

Category :  長崎の町家
tag : 


長崎の住宅の解体工事がほぼ終わりました。いよいよこれから工事にかかります。現在これからの工程等を打ち合わせ中です。

間口が3mしかない住宅ですが、そこがこの建物の個性でもあり、面白いところだと思います。
豊かな住空間になるようにしっかりと進めて行きたいと思います♪




Category :  長崎の町家
tag : 
かねてから進めていた長崎のタワーハウスのプランがなんとかまとまりました。間口3mの住宅に初挑戦しています。

こういう小さな家は如何に階段を上手にデザインできるかが重要なポイントになります。いろんなパターンをお客さんと一緒に悩んだ結果、なんとか着地することができました。

これからは本格的に構造設計も進めていきます。



↑スタディのために1/30の模型をつくりカッターで切り刻んでいます。これから細かい窓の大きさや位置、内部の造作家具などもより詳細に検討していきます。


Category :  長崎の町家
tag : 


現在進めている計画です。間口が4mに満たない敷地です。よく『うなぎの寝床』と言われるような敷地ですね。

昔は敷地の間口に対して税金が掛けられていたのでこのような細長い敷地に創意工夫をこらして家を建てていた訳です。その蓄積は「町家」でいまでも見ることができます。

僕は町家が大好きで京都や奈良はもちろんいろんな場所に見に行っています。もちろんそれぞれ異なりますが共通した心地よさをいつも感じます。広いこと=豊かさではないと常に感じますね。

もちろんすまいにとって『広さ』とはとても重要な要素の一つだと思います。ただし、敷地によって限界があります。小さくても心地よいすまい、誇りの持てる住まいをお施主さんと一緒に作り上げていければと思います♪

IMG_8767.jpg