モリタカのブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  宗像の住宅
tag : 

外壁左官の仕上げ材が積み上がってます。今週木曜の仕上げ塗りの前に現場で塗り方を確認しました。

04105.jpg
一応メーカーの作った参考のサンプルはありますが、実際の職人さんに部分的に塗ってもらいイメージ確認です。できるだけ荒々しく、深さが出るようにしてもらいます。鏝の種類で随分表情が変わってきます。面白いです。。

04103.jpg
玄関の靴棚のカウンターもモルタルで仕上げます。下地まで設置完了してます。この後メッシュで下塗りをして、その上から本塗りです。手間がかかります♩

04106.jpg
そろそろ扉の材種を決めないといけないのでいろんなサンプルを置いて眺めて見ます。。。どれもしっくりこないです。。。壁の存在感がありすぎて合わせようと思ってもなかなかあいません。。。悩みますね。。。

041008.jpg
試しにフレキシブルボードを置いて見るとかなりいい感じです。モルタルのような表情を持った材料です。でもあまりにも重すぎて建具に使用するにはちょっと問題ありそうです。。。でも方向性は間違ってなさそうですね。

041009.jpg
ということでノリで現場の木材に左官材料を塗ってみました。可能性ありそうです。この方向性でもう少し検討してみます。

04108.jpg

04104.jpg
下見板を職人さんがめちゃくちゃ気合い入れて貼ってくれています。『色が合わん。。。濃すぎる』、『短いのをランダムに入れた方が綺麗』、『俺は節のある方が好き』と、こちらは特に支持していないのに凄く拘ってやってくれています。この壁一面が職人さんのとっての作品なんでしょうね。プライドと愛情を持って作業してくれています。完成が楽しみです♬

04107.jpg
現場のアイドルの黒ちゃんです。いつも癒されます。。。
Category :  宗像の住宅
tag : 


左官の下地が完成してモルタルの潔い表情が見えています。いつもそうですが、このまま仕上げをしなくても良いのではないかと思ってしまいます。それほどいい表情をしています。でも性能的にはやはり問題があるのでこの上にさらなる左官の仕上げをしていきます。近日中に大きなサンプルを現場で作ってテクスチャの最終確認を行う予定です。

18033104.jpg
リビング天井の栂材も貼り終わりました。。。綺麗ですねー。

18033103.jpg
2階からの光を1階のダイニングに届けるための吹き抜けです。ここにはすのこを敷きます。また冬季はスノコの上に透明のポリカを敷くことで暖房効率を下げないように考えています。

18033102.jpg
キッチンや洗面所、トイレのタイルを吟味しました。今回もタイルは数種類使用します。ムラがあって歪んだ景色が映り込むことでとても優しい表情になります。

18033105.jpg
お子様もやる気満々で掃除をしてくれました♩

Category :  宗像の住宅
tag : 

現場でお施主さんと一緒に手摺の高さを検証しました。2階建ての住宅なので法的な規制はかかりません。あとは安全性と見た目や圧迫感など色々な検討すべき要素をかき集めて決定していきます。

image2_20180322115940eef.jpg
仮につくった手摺を実際に体感してもらい確認しました。方向性は問題なし♪あとは組み合わせる樹種や納まりも含めて設計現場サイドで検討して決定します。

image3_20180322115939f61.jpg
ついでに壁に取り付ける照明の位置もチェック。壁に近すぎると光が壁に強く反射して品のない感じになるので適度な距離を探っています。監督さんと電気屋さんにホールドしてもらって検討中です。こうやって現場で確認できると、設計者としては大変ありがたいのです。。。全ての工務店さんがこういうことに喜んで付き合ってくれるわけではありません。ですので工務店さんによって建物の完成度は変わります。それをなんとかするのが設計監理者としての責務かもしれませんが、現場の協力無しには一定レベルを超えるものは絶対にできません。

image5_2018032211593864a.jpg
壁内にパンパンに詰まった断熱材(セルロースファイバー)。見ていてとても安心感がありますね。

これから内部建具のデザインを見直していきます。雪見障子をどうデザインしようかなと思案中です。



Category :  宗像の住宅
tag : 

左官下地が徐々に始まっています。ノンクラック通気工法という業界では信頼度の高いといわれている下地のやり方です。私も今まで何回も採用しています。

image2_20180314165012790.jpg
左官仕上げの色も確定したのでとりあえず外観に関してはもうすべて決定しました。

image3_201803141650137c8.jpg
外壁はホールと連続するように米杉の下見板を施工します。米杉の色むらを活かせる塗料を採用しました。

image4_20180314165014cb2.jpg
クリアーと茶系の色を半々に混ぜた塗料を使用しています。木材を紫外線から守るために少しだけ色をのせています。初の試みです。色をのせても米杉本来の色むらがキープできていたので一安心です♪サンプルで確認していたとはいえ、やはり実際に貼ってみるまではドキドキです。
Category :  宗像の住宅
tag : 


先日現場でお施主様とコンセントやスイッチの位置について確認しました。現場で実際にみると『ここにもあった方が良い。ここは必要ない』といった事がよーく見えてきます。

image3_201803010920206d5.jpg
照明計画も当初の案をベースに再度見直ししました。図面段階でもかなり悩んで決めているのですが、やはり実際のボリュームを体験して確認することが大切です。

image1_20180301092021f39.jpg
個人的には電気関係の計画は暮らしの中で最も重要な要素だと思っています。少しずつ作りながら考えて、良い方向に修正していくことはとーっても大切ですね。