FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  宗像の家
tag : 
18061602.jpg
お施主様が職人さん達の労をねぎらって食事会を開催してくれました♪ 肉!ビール!最高!!



IMG_3068.jpg

18061604.jpg

IMG_3067_20180616213012344.jpg

18061603.jpg

18061601.jpg
関わった全ての職人さん、お施主さんも含めて本当に良いチームで良い仕事ができた事を誇りに思います。



Category :  宗像の家
tag : 

先週末の内覧会にお越し下さった皆様、本当にありがとうございます。

IMG_30242.jpg
たくさんの意見や感想が聞けてとても有意義なものとなりました。何よりも楽しかったです!やっぱり住宅っていいですね♪

IMG_3051.jpg

IMG_3058.jpg
娘さんによる難易度の高いクイズ大会も開かれていました。

IMG_3057.jpg
とにかく笑顔が印象的でした♪

Category :  宗像の家
tag : 
IMG_29972.jpg

この度完成した『宗像の住宅』の内覧会を6/9,10(土日)10時〜17時まで行います。興味のある方はこちらまでご連絡下さい。詳しい情報をメールバックさせて頂きます。その上でご都合があえば好きな時間に遊びに来ていただければと思います。

*『宗像の住宅』という名前をつけていますが、実際の建設地は宮若市磯光という地区になります。
 設計〜工事の過程はこちらから遡ってみれます。

IMG_2915 のコピー



IMG_2909.jpg

IMG_29892.jpg


18060102.jpg

IMG_30162.jpg

IMG_2943 1

IMG_2958.jpg

IMG_2946.jpg

IMG_30002.jpg

IMG_29932.jpg

18060101.jpg


お施主さんとの出会いから約2年。色々と大変な事もありましたが、沢山の想いが詰まっています。ぜひ遊びにいらして下さい♪

Category :  宗像の家
tag : 


18052404.jpg
もうすぐ引き渡しなので現場も慌ただしいい感じです。皆頑張ってくれています。

18052402.jpg
外壁のデザインと合わせた扉も設置できました。とても良くできていると思います。

18052405.jpg
階段手摺の高さやデザインを調整しています。

18052008.jpg
手摺は触れる機会が多いので味わい深い材料を使いたいですね。数本の杉材の候補の中から色目のはっきり出ているものを選んで表面をかんなで削ってみると。。。

18052009.jpg
美しい色目が出てきました!これを使うことで決定。

18052403.jpg
現場に運んで高さを検討しています。一応セオリーの高さはあるのですが最後は現場で確認したいですね。

18052406.jpg
手摺のデザインは先端を丸く加工することにしました。普段はあまりしませんが、この住宅にはこれがベストかなと思いました。また、つかみやすいように半円の彫り込みを等間隔で入れていくことにしました。これは初めての試みです。

18052407.jpg
これはあくまでも実物大の模型での検証ですが、1本の木を削り出した断面が美しく見えてくれたら良いなと思います。

18052010.jpg
最初は一番右のように新幹線のような形状もありかなと想像していたのですが。。。削ってみるコメントしにくい感じでした。。。やっぱり試してみないとわかりませんね。
Category :  宗像の家
tag : 

模型で植栽のイメージを皆で共有しながら打ち合わせしました。

051701.jpg
色々と悩みましたが建物のスリットの軸線を素直に活かすことにしました。

051705.jpg
階段も手摺子の工事が始まりました。1段目はモルタル仕上げになります。*これは現場で急遽変更しました。

051704.jpg
2枚の木でプレートを挟み込んで納めています。木と鉄を組み合わせることでお互いが惹きたててくれるかなと思います。
初めての試みです。

051703.jpg
これから取り付く手摺を何の木を使うか悩んでいます。。ちょっと濃い色目の木が良いのですが。。。工務店さんに良い材料がないか探してもらっています。味わいがあるのは杉材の赤白なんですけどね。。



Category :  宗像の家
tag : 
08042701.jpg
足場が外れました。写真では分かりにくいですが、左官壁が深い表情を醸し出しています。


内部の左官も下塗りが終わり、仕上げの工程に入りました。

18042704.jpg
いつもお願いしている大前左官の大前さんが頑張ってくれています。

18042703.jpg
左官屋さん自身が塗りに納得がいかず、自ら本塗りを剥がしています。下にたくさん溜まっているのが本番のつもりで塗った左官材料です。サンプルをたくさん作ってから始めたのですが、やはり面積が大きくなると感じが変わってしまいます。

18042702.jpg
試行錯誤のうえ、ようやく納得いく表情ができました。めちゃくちゃいい表情をしています。これはまだ塗りたてなのでこれから乾燥するともう少し深い表情になっていくはずです。

左官仕上は職人さんの描く絵だと思います。乱暴に言ってしまえば職人さんを選んだ時点で勝負は決まっています。その表情については僕らはある程度の方向性を伝えることはできますが、細かい表情については絵を描く本人に任せた方がいい絵になると思います。これからの進捗が凄く楽しみになってきました♬


Category :  宗像の家
tag : 

ホールの壁が仕上がりました。階段の吹き抜け部分になります。米杉の色ムラが豊かな表情を醸し出しています。

18042201.jpg
内部の左官仕上げの下塗りも進んでいます。今週から仕上げの工程に入ります。

18042203.jpg
建具の面材も散々迷った挙句にローズウッドの突板にしました。壁の米杉の下見板に馴染ませるのではなく、ある程度の存在感をもたせた方が良いと判断しました。オイル塗装をするともっと濃い色味になります。

18042207.jpg
和紙やシート、左官塗なども色々と検討しましたが、やはり木が一番しっくりしました♬

18042206.jpg="607" />
土間とつながる趣味室の壁は杉荒材目透かし仕上(?)です。僕の家の外壁と同じ仕上げですね。隙間に板を差し込んで好きな場所に飾り棚を設置できます。多肉系の小さな観葉植物とか似合うと思います♩

18042204.jpg
2階の小さな物見バルコニーもできました。

18042205.jpg
床材、手すり材とも全てヒノキになります。ここは庇が深いし手すり幅も小さいので木でチャレンジしています。ずっと触っていたくなるような味わいがあります。

Category :  宗像の家
tag : 

外壁左官の仕上げ材が積み上がってます。今週木曜の仕上げ塗りの前に現場で塗り方を確認しました。

04105.jpg
一応メーカーの作った参考のサンプルはありますが、実際の職人さんに部分的に塗ってもらいイメージ確認です。できるだけ荒々しく、深さが出るようにしてもらいます。鏝の種類で随分表情が変わってきます。面白いです。。

04103.jpg
玄関の靴棚のカウンターもモルタルで仕上げます。下地まで設置完了してます。この後メッシュで下塗りをして、その上から本塗りです。手間がかかります♩

04106.jpg
そろそろ扉の材種を決めないといけないのでいろんなサンプルを置いて眺めて見ます。。。どれもしっくりこないです。。。壁の存在感がありすぎて合わせようと思ってもなかなかあいません。。。悩みますね。。。

041008.jpg
試しにフレキシブルボードを置いて見るとかなりいい感じです。モルタルのような表情を持った材料です。でもあまりにも重すぎて建具に使用するにはちょっと問題ありそうです。。。でも方向性は間違ってなさそうですね。

041009.jpg
ということでノリで現場の木材に左官材料を塗ってみました。可能性ありそうです。この方向性でもう少し検討してみます。

04108.jpg

04104.jpg
下見板を職人さんがめちゃくちゃ気合い入れて貼ってくれています。『色が合わん。。。濃すぎる』、『短いのをランダムに入れた方が綺麗』、『俺は節のある方が好き』と、こちらは特に支持していないのに凄く拘ってやってくれています。この壁一面が職人さんのとっての作品なんでしょうね。プライドと愛情を持って作業してくれています。完成が楽しみです♬

04107.jpg
現場のアイドルの黒ちゃんです。いつも癒されます。。。
Category :  宗像の家
tag : 


左官の下地が完成してモルタルの潔い表情が見えています。いつもそうですが、このまま仕上げをしなくても良いのではないかと思ってしまいます。それほどいい表情をしています。でも性能的にはやはり問題があるのでこの上にさらなる左官の仕上げをしていきます。近日中に大きなサンプルを現場で作ってテクスチャの最終確認を行う予定です。

18033104.jpg
リビング天井の栂材も貼り終わりました。。。綺麗ですねー。

18033103.jpg
2階からの光を1階のダイニングに届けるための吹き抜けです。ここにはすのこを敷きます。また冬季はスノコの上に透明のポリカを敷くことで暖房効率を下げないように考えています。

18033102.jpg
キッチンや洗面所、トイレのタイルを吟味しました。今回もタイルは数種類使用します。ムラがあって歪んだ景色が映り込むことでとても優しい表情になります。

18033105.jpg
お子様もやる気満々で掃除をしてくれました♩

Category :  宗像の家
tag : 

現場でお施主さんと一緒に手摺の高さを検証しました。2階建ての住宅なので法的な規制はかかりません。あとは安全性と見た目や圧迫感など色々な検討すべき要素をかき集めて決定していきます。

image2_20180322115940eef.jpg
仮につくった手摺を実際に体感してもらい確認しました。方向性は問題なし♪あとは組み合わせる樹種や納まりも含めて設計現場サイドで検討して決定します。

image3_20180322115939f61.jpg
ついでに壁に取り付ける照明の位置もチェック。壁に近すぎると光が壁に強く反射して品のない感じになるので適度な距離を探っています。監督さんと電気屋さんにホールドしてもらって検討中です。こうやって現場で確認できると、設計者としては大変ありがたいのです。。。全ての工務店さんがこういうことに喜んで付き合ってくれるわけではありません。ですので工務店さんによって建物の完成度は変わります。それをなんとかするのが設計監理者としての責務かもしれませんが、現場の協力無しには一定レベルを超えるものは絶対にできません。

image5_2018032211593864a.jpg
壁内にパンパンに詰まった断熱材(セルロースファイバー)。見ていてとても安心感がありますね。

これから内部建具のデザインを見直していきます。雪見障子をどうデザインしようかなと思案中です。



Category :  宗像の家
tag : 

左官下地が徐々に始まっています。ノンクラック通気工法という業界では信頼度の高いといわれている下地のやり方です。私も今まで何回も採用しています。

image2_20180314165012790.jpg
左官仕上げの色も確定したのでとりあえず外観に関してはもうすべて決定しました。

image3_201803141650137c8.jpg
外壁はホールと連続するように米杉の下見板を施工します。米杉の色むらを活かせる塗料を採用しました。

image4_20180314165014cb2.jpg
クリアーと茶系の色を半々に混ぜた塗料を使用しています。木材を紫外線から守るために少しだけ色をのせています。初の試みです。色をのせても米杉本来の色むらがキープできていたので一安心です♪サンプルで確認していたとはいえ、やはり実際に貼ってみるまではドキドキです。
Category :  宗像の家
tag : 


先日現場でお施主様とコンセントやスイッチの位置について確認しました。現場で実際にみると『ここにもあった方が良い。ここは必要ない』といった事がよーく見えてきます。

image3_201803010920206d5.jpg
照明計画も当初の案をベースに再度見直ししました。図面段階でもかなり悩んで決めているのですが、やはり実際のボリュームを体験して確認することが大切です。

image1_20180301092021f39.jpg
個人的には電気関係の計画は暮らしの中で最も重要な要素だと思っています。少しずつ作りながら考えて、良い方向に修正していくことはとーっても大切ですね。

Category :  宗像の家
tag : 

少しずつ間柱が立ってきたので内部の感じがわかるようになってきました。

image5.jpg

image2_201802102236402a6.jpg
庇の下地が出来てきました。

image3_20180210223641ed3.jpg
室内の天井に使用する栂を確認します。しっとりしていい感じです。壁は米杉、床はナラ、枠は栂で行きます。米杉のランダム加減がどの程度でてくるか楽しみです♪


image1_20180210223640218.jpg
床、枠、壁のコンビネーションを確認します。

Category :  宗像の家
tag : 


ユニクロの『超極暖』を2枚重ねて現場に行きました。最初は良いのですが、1時間ほどで体の芯から冷えきってしまいます。。。朝から晩まで仕事をしている職人さん達は本当に大変です。。。

image2.jpg
足場にもつららが。。。こんな景色初めて見ました。。。

image1.jpg
リビングの開口部の大きさやデザインを現場で再考してきました。ある程度方針は固まったので、もう少し机の上で考えてみます。

image4.jpg
第1種換気システムのダクトです。床下を換気経路として利用します。断熱材や土台と基礎の隙間もしっかりとウレタンで埋めてくれています。良い仕事です♪


Category :  宗像の家
tag : 
2018-01-11 14.54.56
前日の大雪で心配されましたが、無事上棟を迎えることができました。皆の想いが通じたのでしょうね♪

2018-01-11 11.13.31
段取りもよくて昼前にはほぼ躯体は立ち上がっていました。
*写真は屋根下地をパネル状に組んだものを設置しています。

2018-01-11 13.10.01
2階からの眺望は抜群です。僕は超極暖の2枚重ねの上にダウンを2枚+防寒ジャケットを着込んでいましたが、それでも何回も車の中に避難する程の厳しいほどの寒さでした。。。そんな中でも、職人さん達は黙々と仕事をしています。まさにプロフェッショナルです。

2018-01-11 15.15.35
シンプルな形状の総2階の建物です。美しい屋根(軒裏)を架けたいと思って設計しています。

2018-01-11 16.08.27
餅まきもやりました。本当に皆良い笑顔です。お施主様、ご両親、ご親戚の皆様と近隣の皆様のおかげでとても良い棟上となりました♪

ここから内装関係も徐々に進んでいきます。図面の内容を見直しながらよいすすまいにしていきたいと思います。
Category :  宗像の家
tag : 


朝から配筋検査でした。丁寧な仕事で一安心です。基礎底盤の打設は明日12/20の予定です。

17121903.jpg

17121901.jpg
そろそろサッシの色や外壁の色も考えていかないといけません。。。忙しくなりそうです♪


Category :  宗像の家
tag : 


お天気にも恵まれた大変良い日に地鎮祭をおこなうことができました。

17110501.jpg

改めて気を引き締めていきたいと思います♪工事は12月から行います。

Category :  宗像の家
tag : 

福津の家の実施設計が完了しました。これから見積・金額調整作業に入ります。

17051601.jpg
今回は久々の総2階の提案です。上下階の繋がりを意識しながら設計しています。

17051602.jpg

17051604.jpg

17051605.png

17051606.jpg
こういう風にいつも邪魔をしてくる。。。でも可愛いです。

17051607.jpg
今回も色々と悩みました。。。模型を実際に作って眺める事で一つ一つ検証しています。一人事務所としての決定プロセスに必要不可欠な作業となってます。


Category :  宗像の家
tag : 


打合せを重ねてようやくプランがまとまってきました。このまま詳細設計に進んでいいのかどうかを一度模型で検証しています。特徴的な空間の広がりや光の入り方をチェックです。

muna17012602.jpg
検討模型なのでスピード勝負です。大きさは1/25の縮尺なのでまぁまぁ大きいです。

muna17012603.jpg
特に確認したかったリビング・ダイニングの部分のみを作っています。いい感じです。この方向性で進んで良い確信が持てました♪

M17012604.jpg
階段ホールの抜けもこの住宅の特徴です。こういう場合はスチールで細く軽い階段を作ることが一般的には多いですが、今回は木で味わいのあるものを作れないかと思案中です。。。

Category :  宗像の家
tag : 


犬鳴川に面する敷地からの眺めはとてもとても素晴らしく。。。

go100102.jpg
この敷地の良さを最大限に活かすべく奮闘しています。

go100103.jpg

go100104.jpg
3様々な可能性があるのでひとつひとつ検証しながら前に進めていきたいです♪

go100105.jpg