FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  長府の家
tag : 

外構のアプローチの位置や大きさ、レベルの処理を確認しました。あとは信頼している庭園デザイナーさんのセンスに託します♪

IMG_5429.jpg
お魚タイルも完了です。

IMG_5428.jpg
洗面所のタイルも完了しました。画像ではわかりにくいのですが表面の質感がとても高いです。木との相性もとても良いです。

IMG_5426.jpg
階段下に季節ものやゲスト用の布団などを置く予定です。湿気対策のためにすのこ状にしています。

IMG_5432.jpg
解体した家の障子を衝立にリメイクすることにしました。高さは1段分カットすることにしました。

10月中旬完成予定です。

内覧会を10/12(土),13(日)に行います。興味のある方はこちらまでご連絡ください。こちらから詳細を送らせていただきます。
Category :  長府の家
tag : 


IMG_5335.jpg
左官工事が再開です。このところずっと雨がひどくて工事も少し遅れ気味になってます。

IMG_5351.jpg
この日はとても良い天気でしたが、今週もあまり天気は良くないようです。こればっかりは仕方ありませんよね。。。

IMG_5340.jpg
洗面所のタイルが届いていました。このカラフルさ。。。まさに新境地!!

IMG_5332.jpg
壁の和紙もいい感じで貼れていました。。質感がとても深いです。

IMG_5327.jpg
ロールスクリーンも設置完了です。このあとボトムバーをかわすような感じで同じ天井材で蓋をします。この辺は現場で具合を見ながら大きさを決めていきます。上手くいきそうです♪
Category :  長府の家
tag : 

外壁の左官下地が8割程度終わっています。

IMG_5278.jpg
いつも使っているノンクラック通気工法というものですが、実際クラック(ひび割れ)は僕の現場では今まで発生していません。ビビも見方を変えればとても味わい深いものなんですけどね。。。ま、入らない方がベターだと思います。

IMG_5277.jpg
仕上げ材の色とテクスチャも決めました。建て方の時からずーっと悩んで考える時間はたっぷりあったのでほぼ候補は絞り込んでいましたが、ある程度周りの仕上げができたギリギリのタイミングまで粘って決断します。

IMG_5279.jpg
中庭の目隠し格子も実物大のもので見え方を確認します。西日と道路からの視線をカットするように斜めすることにしました。

IMG_5274.jpg
内部仕上げに使う和紙の表情を確認します。表と裏のどちらを貼るべきか皆でしばらく悩んだ結果、メーカーの推奨通り表を使うことにしました。裏もかなりいい表情をしているのでちょっと悩ましい決断でした。。。

IMG_5288.jpg
キッチンもそれらしくなってきました。

IMG_5281.jpg
今回はキッチンも製作します。素材の吟味に入っています。

IMG_5283.jpg
タイルはお魚みたいな形のもので決定。タイル自体もムラがあるので面白い表情になるかと思います。カウンターの奥行きはこのタイルの割付に合わせて微調整します。それにしてもなかなかチャレンジングな形してます。。。個人的にはとても好きです。

こういう柔らかいテイストを受けいられるようになり、いや、むしろ好きになってきた(笑)のは間違いなく年(加齢)のせいだと思います。自分に無理せず、肩肘張らず、背伸びしないでこれからも自然体で設計と向き合っていきたいです。


Category :  長府の家
tag : 
IMG_5018.jpg
間接照明とロールスクリーンの納まりを現場で悩んできました。

IMG_5021.jpg
実際の大きさの絵を描きながら現場監督さんと協議中。。。ロールスクリーンは存在感を消したいのですが、メンテナンスのこともあるので慎重に考えます。

IMG_5013.jpg
こういうことは現場でないと適切な決断をするのが難しいです。本来は図面で全て表現すべきなのでしょうが。。
そのために時間を取ってくれる現場監督さんには毎回感謝ですね。

IMG_5022.jpg
こちらは間接照明のはねだし寸法を確認しています。天井が88ミリ幅の板なのでその倍数になります。器具が見えないか現地で確認です。

IMG_5030.jpg


Category :  長府の家
tag : 

板金の納まりの打ち合わせです。いつも頼んでいる板金屋さんなので仕事は間違い無いのですが、「いつものように!」とはいかないのが僕たちの仕事。今回の建物のコンセプトを踏まえながら、線を出すのか、影を見せるのか、シャープにするのか、やりすぎないのかなど色々と試行錯誤しています。

IMG_4548.jpg
通常は図面にそこまで書いておくべきなのでしょうが、現場で実物の印象を前に決めていくのが間違いないですし、納まりの問題点もよく分かります。

IMG_4550.jpg

IMG_4551.jpg
現場でスケッチをしながら皆で考えます。とてもクリエイティブな時間です。

IMG_4543.jpg
明日から断熱工事に入ります。よく使っているセルローズファイバー湿式工法です。この工事もいつもお願いしている専門業者さんに頼んでいます。一時的ですが部屋の中が新聞紙の粉だらけになるので明日から3日間ほどは大工さんたちはお休みになります。
Category :  長府の家
tag : 

下屋の屋根が葺き終わりました

IMG_4441.jpg
軒天(外部の天井)の納まりを現場で悩んでいます。。。板をどの方向に貼ろうかとか、端部の納まりをどうすれば綺麗に見えるか等ですね。

IMG_4444.jpg

IMG_4445.jpg
天井の低い部分は2400、高い部分は2800で設計しています。同じ空間でも高さや素材でメリハリをつけたいと思ってます。

IMG_4442.jpg
施工される前の床材です。杉板の無垢材で厚みが30ミリあります。柔らかくて触れた時の感じがとても心地よいです。オイルを塗装して乾燥させている状態です。なんかこの整然と並ぶ感じがとてもかっこいい。こんな壁があったら面白いと思いました。でも掃除はとても大変でしょうね(笑)
Category :  長府の家
tag : 

大工さん、電気屋さんと現場打ち合わせ。近隣の仕事は必ずと言っていいほどお仕事をお願いしてるチームのような存在です。

IMG_4334.jpg
お互いに気心が知れているので色々とズバズバ言ってきます(笑)勉強になります。

IMG_4337.jpg
↑換気ダクトのルートを皆で検討しています。

IMG_4333.jpg
照明計画、エアコンの位置など。。。現場で悩むことは沢山ありますね。。。
Category :  長府の家
tag : 

今日は金物関係のチェックです。

IMG_4205.jpg
建物周りの耐力合板もほぼ出来上がっています。窓からの景色がとても良い感じです。

IMG_4223.jpg
屋根に登ると3つの光庭がはっきりとわかります。1階の屋根には2階のドアから出入りできる計画です。

IMG_4206.jpg
Category :  長府の家
tag : 

お施主さんと一緒に窓の大きさや高さなどを確認しました。

IMG_4061.jpg
現場が動き出すと「あれ!?こっちの方が良いのでは?」という直感がよく働きます。この現場で感じる直感はかなり信用できます。今まで模型で散々検討した自分自身を否定することになるのですが。。。多少建築的に矛盾が生じたり理屈が通らなくなっても、より豊かで心地よいものを目指したいですね。

IMG_4068.jpg
リビングの窓をもう40センチほど高くすることにしました。かなり大きな開口部になります。あわせて同じ部屋の開口部も高さや位置を調整して全体を整えることにしました。

IMG_4064.jpg
アプローチや植栽計画もそろそろ考え出さないと。。。模型を作り直しながら現場でイメージ膨らませています。
Category :  長府の家
tag : 

超大型連休を挟んでしまったので随分期間が開いた気がしますが。。。ついに棟上を迎えることができました。

IMG_3921.jpg
見え方は模型通りです。

IMG_3911.jpg
大工さんと板金屋さんと屋根の納まりを検討しました。いろんなアイディアが出てくるのでこの瞬間が一番楽しいです。問題ないよう、デザインを損なわないように皆で知恵を絞り出します。

IMG_3941.jpg
室内から窓の感じをチェックしました。何箇所か窓の位置や大きさを修正しようと思いました。よりいい方向に持っていけそうです。

IMG_3944.jpg
この家には小さい3つの中庭があります。そろそろ庭のデザインも方針を検討しないといけませんね。
Category :  長府の家
tag : 

朝から配筋の検査です。建物の形状がよりはっきりと見えてきます。

IMG_3250.jpg

IMG_3249.jpg
基礎の立ち上がりの無い部分は土間スラブ部分に補強筋をしっかりと入れています。実際に歩いてみるとたわみが少なく、感触が異なりますね。

IMG_3255.jpg
決して広く無い敷地のせいもあるのかもしれませんが、今回の住宅も基礎の段階で広く感じます。建て方が楽しみです。


Category :  長府の家
tag : 

既存建物の解体も終わり、地鎮祭を迎えることができました。

IMG_3074_20190401094344514.jpg
今週は確認申請を進めて、来週くらいから杭工事に入る予定です。

IMG_3078.jpg

IMG_0877.jpg

IMG_0878_20190401095650b47.jpg

IMG_1463.jpg

IMG_0883.jpg
決して広くない敷地です。西側前面道路も法の最低基準の4mしかなく、周りを住宅に囲まれている敷地ですが、とても居心地の良い家になると思います。現場が楽しみです♪
Category :  長府の家
tag : 

1/50の模型で内部空間を確認していただきました。

18110404.jpg
まだ少し課題がありますが、かなりまとまってきたと思います。

18110402.jpg

18110403.jpg
さらにしっかりと内容を詰めていきたいと思います。

Category :  長府の家
tag : 

周辺は住宅が密集しており南側には建物が立て込んでいるような敷地です。

image4_2018020508562410d.jpg
前面道路が狭いので斜めの壁に沿って駐車します。またこの壁は中庭から室内に光を取り込む反射板のような役割も果たします。かつ、正面からみた姿もパースが効いてちょっとテンションあがります。

image2_20180205085625786.jpg

image1_2018020508562629a.jpg
断捨離で有名な「こんまり」さんがとても良い事を言っていました。迷ったら『ときめくかどうか』で判断するそうです。住宅の計画も同じだと思います。クライアントの希望が全て解決できていてもそれで満足してはいけません。それが時の流れに左右されない普遍性をもっているか。。。設計者のエゴを無理矢理押し付けたような『作品』になっていないか。。

『ときめく』なんて、まるで乙女のようなフレーズですが(笑)他にピッタリする言葉がみつけられないでいます。。。