FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

仮説足場が取れて外観が見渡せるようになりました。

IMG_5418.jpg
今日は外構、植栽の打ち合わせです。植栽は本当に大事だと思います。時間の経過や四季を感じたり、内部空間を豊かにしたり。。

IMG_5419.jpg
エントランス周りの壁の杉板(黒い部分)も引き締まった感じになりそうです。もう少し影が欲しいのでこの上にさらに木格子を細かく打っていきます。非常に仕上がりが楽しみです。

IMG_5416.jpg
内部も今月中には完成しそうです。
Category :  東洋漁業船員寮
tag : 
IMG_4638.jpg
北九州から平戸の生月島までは途中高速を乗ったり降りたりしながら約3時間半程度。この日は途中はすごい雨でしたが、現場についてみると嘘みたいな快晴でした。おかげで外部周りをしっかりと見ることができました。

IMG_4630_2019071622403903b.jpg
裏の道路からはこんな感じです。

IMG_4628.jpg
裏の半屋外の屋根がつきました。道路からの圧迫感を考えて出幅を現場で調整した箇所です。ついてみたら恐れていた圧迫感など微塵もなく、とてもいい感じなので安心。。。

IMG_4633_201907162240427fb.jpg
軒裏は杉材をそのまま見せています。屋根を支えている垂木(たるき)の間隔は図面よりもさらに細かく入れることにしました。細かいピッチで影がつくことで深みのある表情になります。

IMG_4640.jpg
エントランスの庇の工事に入っています。ここがこの建物の外観上のデザインの肝となる部分なので慎重に現場で検討しながら進めています。

IMG_4634.jpg
内部に関しては、予定していた袖壁や化粧柱を一部中止したりする重要な決断を行いました。無くすことでデザイン上しっくりしてなかった部分が一気に良くなったのでとても有意義な決断だったと思います。これは我ながらヒットでしたね。

が、本来は図面や模型の段階で気づくべきなんでしょうね。。。
Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

少しずつ仕上げを決めていってます。

IMG_4330.jpg
内部の構造壁を先行して工事しています。これだけでもかなり内部の感じがはっきりしてきましたね。

IMG_4311.jpg
外部の構造用合板、大屋根の板金工事はほぼ終わってます。この後防水シート関係に進みます。

IMG_4309.jpg
軒先の納まりを試作してもらいました。シャープ過ぎず、深みのある表情を持たせたいと。

IMG_4316.jpg
これもエントランス近辺の板金です。とてもいい影ができています。採用決定です。

IMG_4321.jpg

IMG_4324.jpg
住宅の場合はできるだけ廊下を作らないようにプランしますが、部屋が14室あるのでどうしても廊下の距離が長くなってしまいます。廊下の端部は全て窓としたり、回遊性をもたせたり、小さなリビングを配置したりと、自然に歩き回りたくなるような廊下になればと思っています。

Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

棟上を迎えることができました。

IMG_4082.jpg
模型通りの外観(ボリューム感に)に一安心。。。毎回この感覚がずれていたらどうしようというドキドキ感があります。平屋で高さのボリュームを抑えてるとはいえ、住宅地の中にある寮としての佇まいとして相応しくなければなりません。

IMG_4079.jpg
応援の大工さんも含めると15人ほどの職人さんたちが頑張ってくれました。9月までの完成を目指し皆で頑張っていきます。
Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

事務所からちょうど車で3時間。僕が勝手に設定している「監理できるのは移動時間3時間」ギリギリの地です。今日は配筋検査。コンクリートの打設は明日の予定でしたが、天気が悪いので延期になりました。現場監督さんの判断ですが、品質をきちんと確保しようとしてくれているので大変ありがたい決断です。

IMG_3771.jpg
敷地が変形しているので本当にギリギリまで攻めて設計しています。窓の種別や植栽など、道路境界との関係などはこれから慎重に見極めながら柔軟に対応していこうと思います。

IMG_3775.jpg
平戸に来た時の楽しみはこういったカフェや海に触れられること。

IMG_3780.jpg
床を足場板にやりかえ、それと薪ストーブ設置以外はほぼ改修していません。とっても潔い改修をしていますがそれがとても心地よい。。床もかなりラフに貼られているのですが、これは大工さんに頼んでもなかなかできません。。。綺麗に作ることはできますが、雰囲気を出しながらラフに施工するというのはとても難しい仕事なんです。。DIYなら簡単なんですけどね。。リフォームやってていつもこの壁を感じてます。。。

IMG_3784.jpg
料理もとても美味しく、スタッフさんも気さく。ゆっくりと時間が流れる場所です。本当は昼寝したかった。。
3rd base cafe https://ja-jp.facebook.com/thirdbasecafe/

IMG_3785.jpg
カフェの後すぐ近くのビーチに流木を拾いに行きました。

IMG_3787.jpg
この日は曇りでしたが、平戸の海は本当に綺麗です。遠浅で砂浜がとっても綺麗でした。


Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

平戸のプロジェクト、東洋漁業さんの船員寮の地鎮祭を行うことができました。

IMG_3110.jpg
朝9時からのスタートだったので前日から平戸入りし、職人さんたちと打ち合わせと懇親会を行いました。まー、魚が美味しい!職人さんたちも皆いい人でとても楽しい現場になりそうです♪

IMG_3091.jpg
ホテルの目の前がビーチだったので流木を拾いまくりました。。。海もとても綺麗です。癒されました。。。

Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

とてもいいドライブ日和の中、平戸生月島まで配置の確認に行きました。

19020402.jpg
敷地に余裕があまりないので施工的に問題ないかということを確認しました。

19020403.jpg
帰りに平戸市内を周遊。海との距離感がとても心地よい場所です。

19020404.jpg
教会とお寺が混在している感じも異国情緒に溢れています。

19020405.jpg
組物もとても面白いです。もちろん大工さんの技量の高さも半端ないですね。凄いです。

19020406.jpg
大陸の影響を感じるプロポーションです。屋根のボリューム感が唐寺のよう。。。大変良いものを見れました。


Category :  東洋漁業船員寮
tag : 

1/50の縮尺の模型を使って社員の皆さんと一緒に会議を行いました。

18121003.jpg
やはり模型以上のコミュニケーションツールはありませんね。いろんな意見が聞けてさらに内容が良くなったと思います。

18121002.jpg

18121007.jpg

18121004.jpg

18121006.jpg
これでプランがほぼ固まりましたので照明計画や設備計画をまとめて行きたいと思います。

Category :  東洋漁業船員寮
tag : 


計画も徐々に進んでいます。久しぶりの生月島に行きました。

18111903.jpg
↑途中に立ち寄った平戸のオランダ商館跡の階段です。もう降参したくなるくらい素晴らしいです。

18111902.jpg
倉庫にあるものを内装に使えないかということで色々と見せてもらいました。

18111905.jpg
僕の大好物の古材が山ほどあります。。。構造材には使いませんが、どこかで活用したいと思います。

18111904.jpg
この存在感。。。

18111906.jpg
古タイルを発見。これはなかなか良いものです。

来月には大きめの模型の提示をして基本設計完了となります。現在、色々と試行錯誤しています♫
Category :  東洋漁業船員寮
tag : 


長崎にある東洋漁業(株)さんの寄宿舎の提案です。場所は平戸の生月という島になります。
最初の提案なので2案提出し、それぞれの可能性を皆で議論しました。

16062105.jpg

16062102.jpg
皆から色んなアイディアがたくさん出てきて、かなり良い打ち合わせとなりました。

16062103.jpg

180602101.jpg
とりあえずは平家の可能性を追求していくことで皆意見が一致しました。楽しい寄宿舎になりそうな気がします!