モリタカのブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  コクピットハウス
tag : 

現場進行中の案件の中間検査が無事終わりました。軸組がほとんど完成しインテリアのイメージも予想以上の迫力です。設計段階で1/20の模型を作成してかなり検証していましたが、やはり建ってみるまでは正直ドキドキです。

僕も10年以上この仕事をやっていますが、模型でいくら検証しても「これで間違いない」という確信を抱く事はなかなかむずかしいです。だから最初は1/100から始まり、次に1/50の模型をつくり、それでも自信がもてなくて(笑)1/20の模型と、だんだん模型が大きくなってしまう傾向があります。吹き抜けや空間が連続するような建物の場合は特にそうですね。

CGやアニメーションというツールも使いますけど、模型には絶対に及ばないですね。どちらかというとお客さんにインテリアの仕上材のイメージを説明する道具として「一応」作成する場合がほとんどです。

IMG_5027.jpg

↑これは1/50のインテリア確認用の模型です。現在現場で納まりを職人さんに説明するツールとして活躍中です。

現場が非常に近いせいか最近はかなりの密度で現場監理に行っています。現場は生きものです。図面を書いている時には予想できない想定外の納まりが必ず出てきます。職人さんの豊かな知恵と経験を拝借しながら、共に問題を解決していくプロセスは現場での醍醐味です。

もちろん時には激しく意見をぶつけ合うこともありますが、工事に関わる皆が『良い建物を』という共通の認識で動いているからこそ乗り越えて行けるんでしょうね。そういう意味で今の現場は最高のメンバーが集まっていると思います。竣工まで約3ヶ月、これからも気合いを抜かずに行きたいと思います。


さて、話し変わっていつものように僕がボリュームスタディをしているとスタッフ達が『ぼくもつくりたい』と。ま、予想通り出てきたのは車や船やらヘリコプターと行った乗り物系。。。でもプレゼンテーションは最高でした。あまりにも良い顔をするのでUPします。

IMG_5192.jpg
↑『すげえやろ!』

IMG_5188.jpg
↑『パパすごいでしょ!』

IMG_5189.jpg
↑『♪』

自分で考えたものが実際に形になっていくプロセスは誰にとっても楽しいものですね♪

次男の笑顔は一発で契約とれる黄金の営業スマイルですね。