FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  格子の家
tag : 


昨日中間検査を無事終了しました。来週からは内部と同時進行で外壁の工事にかかります。


IMG_7711.jpg

↑玄関の上がり框です。上下段ともに奥にスリッパや靴がしまえるように奥行きを深くしています。ちょっとの細工で生活が豊かになればと思います。

Category :  コラム
tag : 


次男が昨日5歳になりました。『ケーキは自分でつくりたい』という本人のリクエストによりケーキづくりに挑戦です。とはいってもただ生地のうえにトッピングするだけの話しですが。。。

IMG_7686.jpg

真剣なまなざしでトッピングを指導する長男。『隙間があいたらダメぞ!!』

IMG_7691.jpg

↑粘土感覚で生クリームをトッピングします。

IMG_7693.jpg

かんせーい!!!見た目はともかく最高のケーキができました!!!



Category :  コラム
tag : 


我が家のYチェアを張り替えました。自力で。。。

ネットで色々と検索したところ張替えに2万+輸送費がかかるとのこと。。。そんな余裕はない。。
で悩み抜いた結果『自社施工』に踏み切りました。

見よう見まねでやってみたものの何回も失敗し、やり直しの連続です。

IMG_7590.jpg
↑完全に間違った編み方をしていた時の写真です。座面の対角線がどれだけ美しくできるかが職人の腕の見せ所のようです。これはもうめちゃくちゃ!この時点で諦めてすべてほどいてしまいました。


座面はペーパーコード、いわゆる紙ひもで構成されています。それを外側から順に編んでいくのですが結構な力が必要です。革の手袋無しには作業できません。

試行錯誤の結果、作業開始からさぼった日も含めて約10日後にようやく1脚完成です。でもコツをつかんだので次は7時間ほどで出来ると思います。

見た目は美しくありませんが苦労した分とても愛着がわいてきました。

IMG_7633.jpg
↑早速すわりごこちをチェックしています。この後爪をバリバリとやりだしたので泣きそうになりました。。。

IMG_7634.jpg

もう1脚あるので休みの日にでも気合い入れていどもうかと思います。いつになる事やら。。。

大変苦労しましたがでもとても良い経験になりました。家具職人さんの苦労が少しわかったような気がします。

Category :  格子の家
tag : 


1階の床張りが進んできました。今回は杉の厚板仕上です。うづくり仕上なので素足で歩くと足の裏がほんの少し刺激されてとても気持ちがよいです。

大工さんも『オレ杉板が一番すきなんよねー♪』をにやにやしながら仕事をされていました。そういう力がこの素材にはあります。塗装は自然塗装の予定ですが色はこれからかなり悩みそうです。。。
Category :  Tデンタルクリニック
tag : 


↑スラブの打設です。前日の配筋チェックの時も思ったのですが非常に丁寧な仕事をされています。早く棟上の状態を見てみたいですね。僕にとっては久しぶりの平屋の計画なのでいつもより基礎がかなーり大きく感じます。棟上が楽しみです♪
Category :  格子の家
tag : 


ここ2日間お客さんと悩みぬいた結果、2階に大胆な変更を加えることにしました。壁が建つ前の抜け感がこちらの想像以上に良く。。『これは塞いだらもったいない。。。』

空間の気持ちよさを優先するのか個室としての独立性を優先するのか。。。悩み抜いた結果、アグレッシブに攻める事になりました。みんなが納得した上での結論です。無論、手を動かす大工さんが協力的でないとこんなことできません。

設計中に1/20の模型でさんざん切り刻んだはずなのに、こんな案は全く思いつかなかったです。やっぱり現場で受ける刺激は大きいですね。

IMG_7595.jpg

Category :  Tデンタルクリニック
tag : 




工務店さん、大工さん、材木屋さん、板金屋さんと私とで打合せをおこないました。皆で知恵を出し合って一つ一つの項目を検討していきます。止水のための屋根の納まりとデザインとの兼ね合い、その他様々な要素が絡まってきます。それらの条件を整理しながらみんなが納得のいく答えを見つけ出す作業はそりゃーとても楽しくて刺激的な時間なんです!特に前向きな検討が出来る職人さん達との話し合いは本当に面白い!

お互いが譲れない部分を持ちつつも『最高の建物をつくろう!』という思いがあれば、必ず納得のいく答えが見つかります。もちろん簡単にはいきませんが。。今回もすばらしいメンバーが集まってくれています。これからますます楽しくなりそうです♪

Category :  光庭の家
tag : 


最初にプレゼンしたのが昨年の6月ですから約半年かけてようやく基本計画がまとまりました♪2世帯住宅なので様々なパターンを提案し、お客さんと一緒に悩みながらずいぶん遠回りしました。でもプロセスとして必要な期間だったと思っています。

行き着いた最終案は最初に提案した中庭を取り入れた案になりました。これから色んな部分を検証しながら一つ一つ慎重に進めていこうと思います。

IMG_7549.jpg


IMG_7551.jpg



IMG_5725.jpg
↑これが最初のボリューム模型です。


先日薬院のショウルームに行ってキッチン関係の仮仕様もお施主さんと一緒に決めてきました。今日からは手を動かして悩み抜く時間の始まりです。がんばります。


Category :  格子の家
tag : 


この現場は事務所から歩いても10分程度なのでほぼ毎日行っています。少しずつ進んでいく様子を見るのはとても楽しいです。

高台に位置する非常に『目立つ』建物として、道路からのたたずまいがどうあるべきかを模索しながら計画を進めてきました。

建物は前面道路に対して出来るだけ圧迫感のないように2階部分を大きくセットバックさせ、かつ2階の高さも出来るだけ低くしています。


IMG_7505.jpg


IMG_7527.jpg
↑一番最初の小さな模型です。なんとなく最終形の構成がでてきています。

IMG_6785.jpg
↑最終形に近い模型です。

IMG_6777.jpg
↑窓際はベンチ件収納です。奥に見えるのは屋根がかかったテラスです。

IMG_7221.jpg
↑玄関側から見た写真です。奥のテラスとつながった部分はガレージや作業など多目的に利用できる場所になります。テラスは格子扉により完全に閉め切ることができます。


このすまいはのテーマは一言でいうと『自然体』です。

最初はセオリー通りに眺望の良さを活かして道路側をほとんどガラスしようと思っていました。壁の代わりに細い鉄製の筋交いで構造的な耐力を確保しようと思っていたのです。。。でも一番メインの開口部がブラインドやカーテンで常に閉じられているのはちょっとおかしいし悲しいですよね?

悶々とした気持ちで模型をカッターで切り刻んで覗き込むうちに(不思議な事に)自然とガラスの部分が少なくなっていき、壁の部分が増えていきました。均質な明るさだったリビングにメリハリが生まれ、よりしっとりとした落ち着いた感じになったからです。

眺望に恵まれたこの場所で本当に積極的に壁を増やすべきなのかとかなり自問自答した期間があったのですが『どちらがより自然体でいられるか』という点に立ち返り最終案のようになりました。

ガラス部分は木製格子のスクリーンにより内外が緩やかな関係となるようにしています。格子の大きさ、間隔はこれから慎重に決めていかないといけません。

今年は『優しくて豊かなすまい』とは何かということをより深く考える一年にしたいです。