FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


↑外壁の下地がほぼ終わろうとしています。この上に杉板をランダムに配置します。

re022902.jpg

↑縦に見えるのが下地(檜)です。下地の黒いシートはソリテックスという防水シートです。通常のものより厚くてしっかりしています。紫外線に強いので仕上材をすのこ状に貼ることができます。(できるそうです)

re022903_201602291752212ba.jpg


↑室内も土間コン打ちが完了し、これから外と中が同時に進んでいきます。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


左官仕上げの下地材が貼られています。この上にまた様々な下地材がきてこの状態はすぐに隠れてしまうのですが。。。このまま仕上にしたいくらい豊かな表情をしています。

re022402.jpg

re022503.jpg
↑土間コンの準備が整ってきました。


Category :  武雄の家
tag : 
take022101.jpg

外壁のサイディングです。初めて使う商品だったのでちょっと不安もありましたが。。。とてもいい表情をしていました♪濃いグレーの商品なのですが、目地がとても深くて、綺麗に感じました。白系のサイディングではそういう印象をもった事が無かったのでとても不思議な感覚でした。この先もとても楽しみです。



Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


re0216.jpg
↑外壁の仕上のサンプルです。今回はこの杉の荒材(無塗装)と左官による構成になります。メンテナンスについて考慮した結果、朽ちても味わいを増す自然素材を選択することにしました。
Category :  武雄の家
tag : 


朝からお施主さんと一緒に現場打ち合せです。スイッチやコンセントの位置の確認や変更と主な内装仕上のイメージを確認しました。空間が出来上がってくると当初のイメージからのズレが多少出てきます。そこで現場でいつも確認して修正をするようにしています。

現場監理とは通常は『図面通り』に出来ているかを確認することを意味するのですが、僕の場合はその意識はありません。図面以上のものを作り上げて行くのが現場監理だと思っています。

今回も壁の位置の調整や下がり壁の新設、下がり天井範囲の増、玄関のステップの変更等ありました。もちろん現場サイドの前向きな姿勢がないとこれらのことはできません。いつも沢山の人に助けられてるなぁと感じます。

*この現場の工務店さんは波佐見町の上山建設さんです。


Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


re02122.jpg
どんどん進んで行きます。。。待った無しですね♪
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


この前までは金属サイディングと元々の合板仕上を残す方針でしたが、工務店さんと色々と検討した結果、土壁だけの状態にすることになりました。

re02091.jpg
おかげで内側からは見えなかった下地や間柱、筋交いを確認できました。より適切な補強が可能になります。

re02093.jpg
このままの粗壁仕上が一番いいのですが。。。さすがにこれでは住環境としては過酷すぎるかと。。。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

新しいエントランスのボリュームができました。もともとの庇があった部分のボリュームと同じになります。

re02053.jpg

re02052.jpg
↑普段は滅多に手を出さないトップライト。。。ガラスを乗せるだけの超簡単な納まりでいきます。自邸だから出来ることかなぁ。。。ま、検証します。

re02051.jpg

Category :  武雄の家
tag : 


武雄に行って金物の検査と現場で打ち合せしてきました。ほとんど指摘事項もなく、前向きな検討について時間を割くことができました。

細かい配慮が感じられる現場です。さすが上山建設さんですね。本当に素晴らしい!

*この現場の工務店さんは波佐見町の上山建設さんです。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 
設計には半年程かかりました。もちろん自邸なので他の仕事の合間に隙を見つけておこなうというものだったので仕方ない部分もあったのですが、予測で設計を進めることの難しさが常にありました。

一番頭がいたかったのが、『この家にどこまでお金をかけるのが適正なのか』ということでした。何年住むのか?何を優先すべきか?そもそもやる必要があるのか?。。。中途半端なことをして後から後悔はしたくない。。。でも金額が膨らむにつれ、『新築にする?』という思いも時々よぎりました。

今現場が少しずつ動いていますが、行く度に設計を変更しています。新築とは異なる現場での新しい発見・楽しさがあります。自邸ですので決断を変更することも自由ですしね♪

耐震補強の件も解体が進むにつれて全体像がはっきりと見えてきたせいか、前の様な不安も少なくなって来ています。

新築もリフォームも一歩踏み出す勇気が一番必要なんでしょうね。


re0203.jpg
↑最初の合板仕上(!)の上に金属サイディングで一度リフォームされた外壁。今回はこの既存外壁を防水シートで包んで杉板のルーバーで覆う予定です。