FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

ようやく外部の左官に入りました。。。

re042903.jpg
ラス下地といって左官のひび割れを防止し、外壁への食い付きをよくするためのネット状の金網を貼ります。
明日はモルタルの下地の予定です。

re042901.jpg

re042904.jpg
事務所ロフトと廊下の開口部の方針もだいたい決まって来ました。図面を一切引かずに現場のノリで決めてます。。。どうなる事やら。。。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

外部の足場がとれました。ようやく外がほぼ終わりました。まだ左官工事は残っていますが。。これから植栽も検討しないといけません。。。

re042702.jpg
北側の小さな庭です。奥行は1mないですけど、ほぼほぼ縁側ですね。。。何ができるのかこれから考えて行きます。

re042701.jpg
昔の柱も元の位置に戻りました。無くても問題ないのですが、昔の建物の痕跡はあちこちに残しておきたいですからね。

re042704.jpg




Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

またまた現場です。キッチン前の壁ができました。いつものやり方です。アイランド風キッチンですけど壁は建築でつくるのでキッチンは通常の既製品の壁付のものを使います。

re042504.jpg
調味料などをキッチン側とダイニングの両側から使える棚。これもいつもの定番です。

re042505.jpg
タタミリビングの開口部からみえる外壁と軒天は外壁と同じ作り方にしました。

re042502.jpg
階段室内部はほとんど手をつけずに既存のままで。ここは当時の仕上げをあえて残しておくことにしましたが、入口だけはちょっと遊んでみました。

re042501.jpg
ロフト手摺(?)も着々と進んでいます。

re042503.jpg
昔の玄関床タイルも保存します。つぎはぎだらけの床になりますが、これもこの家の個性かと。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


内装がもの凄い勢いで進んでいます。この小さな家に大工さんが最大5人!!現場は戦場のごとしです。。。

re042302.jpg

↑僕の事務スペースのロフトも進んできました。何しろスペースが無いので高さを活かすしかありません。。

re042303.jpg
↑再生建具も納まりました。新品にはない深い味わいがあります。

re042304.jpg
↑和室上部のロフトの手摺の検討しています。格子状に杉を並べようかと思ってます。この材料ではちょっとゴツいのでもう1サイズダウンしようと思います。

Category :  武雄の家
tag : 
teke042301.jpg

内装がほぼ完成しました。室内から連続するデッキもとても艶っぽいです。

take042302.jpg

一部クロスの色を変えてみました。外壁に近いグレーです。とても引き締まってみえて大正解でした♪正直貼り上がるまではドキドキでしたけど。。。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

外部の木の色が変化してきました。。当初よりもかなり濃い色になってます。これからシルバーに変化して行くはずです。

re041802.jpg
↑現場の大工さんが書いた他の職人さんに伝えるための図です。僕と打合せした内容がばっちり書かれています。ここまでスケッチが描ける大工さんは初めてです。現場監督さんの書く施工図とはひと味違って非常に直感的でわかり易いですよね。

re041801.jpg

re041803.jpg
ブルーシートの隙間から綺麗な夕焼けが見えました。これは期待大ですね。テンション上がりました。
Category :  コラム
tag : 


朝から久しぶりにスケッチしました。ここ2週間ほどハマっている『カクノー』という子供向け万年筆。約1000円と低価格ながらなかなかの書き心地。でもやはり万年筆はこういうささっと書くスケッチにはちと難しい。。。でもシャープペンにはない書き心地がとても心地よいです。。。もう少しペン先の柔らかい万年筆を買ってみようかな。。

04172.jpg

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

北側の窓を覆っていたブルーシートを一時的にとりました。とても明るくなって気持ちが良いです。もともとここは窓だったのですが、大きさを4割程大きく変更しています。その差は歴然ですね。北側なので直射日光は期待できませんが、非常に柔らかい間接光が入ってきます。夏は過ごし易いでしょうね。

re04131.jpg
裏側の壁の一部にはガルバの波板(素地)を使っています。ビスもいつもやってる小ビスではなく昔ながらのハット型を使用しました。建材は内外ともに非常にローコストなものを選定しています。通常は下地材としてしか使われないものに新しい価値を見つけて行く作業がとても楽しいです。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


床暖房のパネルが敷かれました。熱が床下に逃げ難いようにパネルの下には断熱材を敷き込んでいますが、さらにその上にアルミの丈夫なフィルムを敷き詰めています。輻射熱の移動を遮るにはかなり効果があると思います。熱伝導に対しては普通の断熱材、輻射熱に関してはこのフィルムがカバーするという考え方で施工してみました。

re041101.jpg
余ったフィルムは天井の下地にも貼りました。床暖房の効率を上げるためです。建物内における熱移動は熱輻射が70%以上と言われています。果たしてどのくらい効果があるのか。。。

このフィルムは湿気を通さないので土壁面には採用する事ができませんでした。*土壁にはある程度の湿度を与えないと納豆菌が死んでしまい劣化が進んでしまうからです。

ちなみに同じ商品で湿気を通すということをウリにしている商品もありましたが、メーカーに透湿抵抗値を確認したところほとんど期待できない数値でしたので採用していません。

今の住宅はいかにして湿気を壁内に入れないようにするか(壁内結露の防止)ということを重用視しています。ところが土壁はその湿気によって強度が半永久的に保たれるし、梅雨時期は室内の湿度が下がってとても過ごし易い環境を作ってくれます。しかも防火構造です。ほんと凄いですよね。
Category :  福津の家
tag : 

かねてから相談を受けていたプロジェクトの1stプレゼンをおこないました。敷地と道路の高低差をいかに処理して駐車スペースを確保するか(最も合理的かつ経済的に)は今後も検討していきたいと思います。

fuku04112_20160411065240614.png
コンパクトな平面の中に沢山の居場所をつくるように心がけました。

fuku04111_201604110652397f6.png

fu04115.jpg
眺望のとても良い北東側にベンチのあるテラスを設けています。

fuku04114.png
お施主さんもとても気に入っていただいたようです♪実は今回は嫁さんの意見をかなり参考にしました。建築に関しては全くの素人ですが、だからこそ気づくこともあると思います。僕自身、工法や納まり、予算を気にしすぎてしまい、本質が見えなくなってしまう事があります。だからこそ嫁さんやお施主さんの「素直な」感想はとても大事だと思っています。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


内装と建具等のイメージの擦り合わせ作業に入っています。現場で確認。。。

re04116.jpg
工務店さんのツテで古い建具を数枚入手しました。劣化しているところもありますが非常に味わいがあります。

re04111.jpg
床は今回初めて採用する素材(ラオス松)です。当初は杉の厚板を採用する予定でしたが、納期の問題で断念。でも変更して良かったかもしれません。それくらい艶っぽいです。

re04113.jpg
土壁は出来るだけ残しています。やむを得ず土壁を撤去した箇所のみ断熱材を入れています。

re04112.jpg

この現場用照明とても良いですね。電球のワット数をもっと落としたらそのまま使えそうです。


Category :  武雄の家
tag : 
take040202.jpg
↑足場がとれて外観が見渡せるようになりました。なかなか彫りの深い顔で良い表情でしています。お施主さんと一緒に塗った杉の外壁がいい味だしてます。

take040201.jpg
外周部の板塀の高さやデッキの範囲、エントランスの外構工事について方針を固めてきました。奥様の素敵なアイディアが出たので速攻で採用することにしました。正直僕の最初の案より良いと思います(笑)非常に楽しみです。


↑樋はあえて突き出してみました。なかなか愛らしい感じになって一安心です。

*これから内部のクロス工事に入って行きます。


Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

隣の家の石積みが美しすぎて。。ここのサッシは既存のままで行く予定。ガラスも型板(半透明)なのですが。。。俄然透明にしたくなってきました。。。でも近所の人達とかなり目が合うし。。予算も追加になるし。。。悩ましい。。。

re040102.jpg
2階床と壁の隙間に断熱材を詰め込んでます。これは気流止めと言って壁内を冷たい空気が移動するのをブロックする意図です。あとは土壁のもってるポテンシャルに期待します。