FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  諫早の家
tag : 

足場も取れて、梅雨明けもしました。これから外構と植栽工事がスタートします。建物を囲むように木々を植えていく予定です。当初は低めの板塀と併用するつもりでしたが、板塀は中止して低木で柔らかく境界を作ることにしました。

IMG_4900.jpg
玄関ポーチも形になりつつあります。

IMG_4898.jpg

IMG_4903.jpg
玄関ホールはこんな感じになってきました。

IMG_4904.jpg

IMG_4893.jpg
大工工事ももうすぐ終わりそうです。来週末くらいから左官仕上げ、塗装工事、クロス仕上に入っていきます。

CCI20190724.jpg
今日はクロス仕上げとタイル、洗面所周りの収納や家具関係を最終決定してきました。

Category :  東洋漁業船員寮
tag : 
IMG_4638.jpg
北九州から平戸の生月島までは途中高速を乗ったり降りたりしながら約3時間半程度。この日は途中はすごい雨でしたが、現場についてみると嘘みたいな快晴でした。おかげで外部周りをしっかりと見ることができました。

IMG_4630_2019071622403903b.jpg
裏の道路からはこんな感じです。

IMG_4628.jpg
裏の半屋外の屋根がつきました。道路からの圧迫感を考えて出幅を現場で調整した箇所です。ついてみたら恐れていた圧迫感など微塵もなく、とてもいい感じなので安心。。。

IMG_4633_201907162240427fb.jpg
軒裏は杉材をそのまま見せています。屋根を支えている垂木(たるき)の間隔は図面よりもさらに細かく入れることにしました。細かいピッチで影がつくことで深みのある表情になります。

IMG_4640.jpg
エントランスの庇の工事に入っています。ここがこの建物の外観上のデザインの肝となる部分なので慎重に現場で検討しながら進めています。

IMG_4634.jpg
内部に関しては、予定していた袖壁や化粧柱を一部中止したりする重要な決断を行いました。無くすことでデザイン上しっくりしてなかった部分が一気に良くなったのでとても有意義な決断だったと思います。これは我ながらヒットでしたね。

が、本来は図面や模型の段階で気づくべきなんでしょうね。。。
Category :  コラム
tag : 

茶虎の子猫が2匹増えました。兄弟です。先輩の白猫と意気投合しています。

IMG_4513.jpg
とっても可愛いです。

IMG_4429.jpg
2匹とも抱かせてくれます。

IMG_4378.jpg

IMG_4373.jpg
先輩から網戸の登り方を習っています。

IMG_4371.jpg
とても上手にへばりついてます。当然のごとく網戸が広がってきました。。。

IMG_4560.jpg
模型を作っていると積極的に手伝いに来ます。

IMG_4359.jpg
ついにペットの数が人間の数を超えました。4人+5匹で頑張って行きます。
Category :  長府の家
tag : 

板金の納まりの打ち合わせです。いつも頼んでいる板金屋さんなので仕事は間違い無いのですが、「いつものように!」とはいかないのが僕たちの仕事。今回の建物のコンセプトを踏まえながら、線を出すのか、影を見せるのか、シャープにするのか、やりすぎないのかなど色々と試行錯誤しています。

IMG_4548.jpg
通常は図面にそこまで書いておくべきなのでしょうが、現場で実物の印象を前に決めていくのが間違いないですし、納まりの問題点もよく分かります。

IMG_4550.jpg

IMG_4551.jpg
現場でスケッチをしながら皆で考えます。とてもクリエイティブな時間です。

IMG_4543.jpg
明日から断熱工事に入ります。よく使っているセルローズファイバー湿式工法です。この工事もいつもお願いしている専門業者さんに頼んでいます。一時的ですが部屋の中が新聞紙の粉だらけになるので明日から3日間ほどは大工さんたちはお休みになります。
Category :  長府の家
tag : 

下屋の屋根が葺き終わりました

IMG_4441.jpg
軒天(外部の天井)の納まりを現場で悩んでいます。。。板をどの方向に貼ろうかとか、端部の納まりをどうすれば綺麗に見えるか等ですね。

IMG_4444.jpg

IMG_4445.jpg
天井の低い部分は2400、高い部分は2800で設計しています。同じ空間でも高さや素材でメリハリをつけたいと思ってます。

IMG_4442.jpg
施工される前の床材です。杉板の無垢材で厚みが30ミリあります。柔らかくて触れた時の感じがとても心地よいです。オイルを塗装して乾燥させている状態です。なんかこの整然と並ぶ感じがとてもかっこいい。こんな壁があったら面白いと思いました。でも掃除はとても大変でしょうね(笑)