FC2ブログ

モリタカブログ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


内装がもの凄い勢いで進んでいます。この小さな家に大工さんが最大5人!!現場は戦場のごとしです。。。

re042302.jpg

↑僕の事務スペースのロフトも進んできました。何しろスペースが無いので高さを活かすしかありません。。

re042303.jpg
↑再生建具も納まりました。新品にはない深い味わいがあります。

re042304.jpg
↑和室上部のロフトの手摺の検討しています。格子状に杉を並べようかと思ってます。この材料ではちょっとゴツいのでもう1サイズダウンしようと思います。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

外部の木の色が変化してきました。。当初よりもかなり濃い色になってます。これからシルバーに変化して行くはずです。

re041802.jpg
↑現場の大工さんが書いた他の職人さんに伝えるための図です。僕と打合せした内容がばっちり書かれています。ここまでスケッチが描ける大工さんは初めてです。現場監督さんの書く施工図とはひと味違って非常に直感的でわかり易いですよね。

re041801.jpg

re041803.jpg
ブルーシートの隙間から綺麗な夕焼けが見えました。これは期待大ですね。テンション上がりました。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

北側の窓を覆っていたブルーシートを一時的にとりました。とても明るくなって気持ちが良いです。もともとここは窓だったのですが、大きさを4割程大きく変更しています。その差は歴然ですね。北側なので直射日光は期待できませんが、非常に柔らかい間接光が入ってきます。夏は過ごし易いでしょうね。

re04131.jpg
裏側の壁の一部にはガルバの波板(素地)を使っています。ビスもいつもやってる小ビスではなく昔ながらのハット型を使用しました。建材は内外ともに非常にローコストなものを選定しています。通常は下地材としてしか使われないものに新しい価値を見つけて行く作業がとても楽しいです。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


床暖房のパネルが敷かれました。熱が床下に逃げ難いようにパネルの下には断熱材を敷き込んでいますが、さらにその上にアルミの丈夫なフィルムを敷き詰めています。輻射熱の移動を遮るにはかなり効果があると思います。熱伝導に対しては普通の断熱材、輻射熱に関してはこのフィルムがカバーするという考え方で施工してみました。

re041101.jpg
余ったフィルムは天井の下地にも貼りました。床暖房の効率を上げるためです。建物内における熱移動は熱輻射が70%以上と言われています。果たしてどのくらい効果があるのか。。。

このフィルムは湿気を通さないので土壁面には採用する事ができませんでした。*土壁にはある程度の湿度を与えないと納豆菌が死んでしまい劣化が進んでしまうからです。

ちなみに同じ商品で湿気を通すということをウリにしている商品もありましたが、メーカーに透湿抵抗値を確認したところほとんど期待できない数値でしたので採用していません。

今の住宅はいかにして湿気を壁内に入れないようにするか(壁内結露の防止)ということを重用視しています。ところが土壁はその湿気によって強度が半永久的に保たれるし、梅雨時期は室内の湿度が下がってとても過ごし易い環境を作ってくれます。しかも防火構造です。ほんと凄いですよね。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


内装と建具等のイメージの擦り合わせ作業に入っています。現場で確認。。。

re04116.jpg
工務店さんのツテで古い建具を数枚入手しました。劣化しているところもありますが非常に味わいがあります。

re04111.jpg
床は今回初めて採用する素材(ラオス松)です。当初は杉の厚板を採用する予定でしたが、納期の問題で断念。でも変更して良かったかもしれません。それくらい艶っぽいです。

re04113.jpg
土壁は出来るだけ残しています。やむを得ず土壁を撤去した箇所のみ断熱材を入れています。

re04112.jpg

この現場用照明とても良いですね。電球のワット数をもっと落としたらそのまま使えそうです。


Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

隣の家の石積みが美しすぎて。。ここのサッシは既存のままで行く予定。ガラスも型板(半透明)なのですが。。。俄然透明にしたくなってきました。。。でも近所の人達とかなり目が合うし。。予算も追加になるし。。。悩ましい。。。

re040102.jpg
2階床と壁の隙間に断熱材を詰め込んでます。これは気流止めと言って壁内を冷たい空気が移動するのをブロックする意図です。あとは土壁のもってるポテンシャルに期待します。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

内部が徐々に進んで行き、かなり変更箇所も多くなってきました。。。やはりリフォームは予測がつきません。。。手間のかかる変更にも柔軟に対応していただける工務店さんの理解があってこそのプロジェクトだと思います。

re032601.jpg
↑天井に断熱材が敷かれています。外壁の土壁部分にはあえて断熱材をいれないことにしました。仕上げ材も透湿抵抗の低い材料を用い土壁の呼吸をできるだけ妨げないことを重視しました。かなり悩みましたが。。。

re032604.jpg
↑構造補強のためやむを得ず土壁を撤去します。

re032603.jpg
↑もの凄い勢いで土壁を壊し出すと。。

re032602.jpg
10分程度でこの状態に。。。職人さんの集中力と馬力の凄さを見せつけられました。。。



Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

左官見本を元にイメージを合成してみました。結局よくわからないのですが。。。木の横格子とケンカするかなと思ったのですがなかなか悪く無さそうです。なにしろ左官の面積が大きいので何かしら表情をつけないといけないと思ってます。

re031701.png

また進めながら考えます。。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


土壁のサンプルです。かなり存在感のある木の外壁に負けないような存在感が欲しいです。。いや、こっちは大人しくいくべきなのか。。。しばらく迷います。

re031601.jpg

この黒い壁の部分が左官になります。上の方に小さな木窓がほしくなってきました。。。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

ロフトの床が始まりました。ツーバイ材で架け渡します。

re030402.jpg
仕上げはこのままでいいかも。。。

re03043.jpg
トップライトのガラスが入りました。メンテのことを考慮しできるだけ単純なディテールとしています。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


外壁仕上が出来てきました。木のランダムな影が豊かな表情をしています。割り付けはすべて大工さんに一任しています。こんなの詳細に指示してたら現場は大変です(笑)とにかく考えずに作業をしてもらい、できるだけバラバラになるようにお願いしています。

re030201.jpg

re030203.jpg
ようやく下屋の金属屋根も始まりました。今週中には屋根工事は終わりそうです。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


↑外壁の下地がほぼ終わろうとしています。この上に杉板をランダムに配置します。

re022902.jpg

↑縦に見えるのが下地(檜)です。下地の黒いシートはソリテックスという防水シートです。通常のものより厚くてしっかりしています。紫外線に強いので仕上材をすのこ状に貼ることができます。(できるそうです)

re022903_201602291752212ba.jpg


↑室内も土間コン打ちが完了し、これから外と中が同時に進んでいきます。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


左官仕上げの下地材が貼られています。この上にまた様々な下地材がきてこの状態はすぐに隠れてしまうのですが。。。このまま仕上にしたいくらい豊かな表情をしています。

re022402.jpg

re022503.jpg
↑土間コンの準備が整ってきました。


Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


re0216.jpg
↑外壁の仕上のサンプルです。今回はこの杉の荒材(無塗装)と左官による構成になります。メンテナンスについて考慮した結果、朽ちても味わいを増す自然素材を選択することにしました。
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


re02122.jpg
どんどん進んで行きます。。。待った無しですね♪
Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 


この前までは金属サイディングと元々の合板仕上を残す方針でしたが、工務店さんと色々と検討した結果、土壁だけの状態にすることになりました。

re02091.jpg
おかげで内側からは見えなかった下地や間柱、筋交いを確認できました。より適切な補強が可能になります。

re02093.jpg
このままの粗壁仕上が一番いいのですが。。。さすがにこれでは住環境としては過酷すぎるかと。。。

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

新しいエントランスのボリュームができました。もともとの庇があった部分のボリュームと同じになります。

re02053.jpg

re02052.jpg
↑普段は滅多に手を出さないトップライト。。。ガラスを乗せるだけの超簡単な納まりでいきます。自邸だから出来ることかなぁ。。。ま、検証します。

re02051.jpg

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 
設計には半年程かかりました。もちろん自邸なので他の仕事の合間に隙を見つけておこなうというものだったので仕方ない部分もあったのですが、予測で設計を進めることの難しさが常にありました。

一番頭がいたかったのが、『この家にどこまでお金をかけるのが適正なのか』ということでした。何年住むのか?何を優先すべきか?そもそもやる必要があるのか?。。。中途半端なことをして後から後悔はしたくない。。。でも金額が膨らむにつれ、『新築にする?』という思いも時々よぎりました。

今現場が少しずつ動いていますが、行く度に設計を変更しています。新築とは異なる現場での新しい発見・楽しさがあります。自邸ですので決断を変更することも自由ですしね♪

耐震補強の件も解体が進むにつれて全体像がはっきりと見えてきたせいか、前の様な不安も少なくなって来ています。

新築もリフォームも一歩踏み出す勇気が一番必要なんでしょうね。


re0203.jpg
↑最初の合板仕上(!)の上に金属サイディングで一度リフォームされた外壁。今回はこの既存外壁を防水シートで包んで杉板のルーバーで覆う予定です。


Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 
re01311.jpg
土壁の補強を行いました。左官職人さんから教えてもらった接着剤のようなものを噴射機で吹き付けます。いくら吹いても土壁がどんどん吸っていきます。。断熱材としては非常に心もとないですが、湿度のコントロールに関してはかなり期待できそうです。


下屋部分の新しい屋根下地もできました。新旧の材料のコントラストが綺麗です。本当はこのまま見せたい。。。

re01313.jpg

Category :  大蔵のいえ(リフォーム)
tag : 

母屋の瓦屋根をガルバに葺き替えました。諸条件により満足のいく耐震補強が難しいのでまずは軽量化します。瓦自体はまだまだ大丈夫だったのですが。。。実際は最後までかなり悩んだのですが、やって良かったです。素直に『気持ちがよい』です。

re01212.jpg
板金工事はいつも仕事を一緒にさせていただいているおなじみの職人さん。今回は事前の打ち合せをほとんどやってません。完全に信頼して仕事を任せてます。あいかわらず丁寧な仕事でした。                  

re01213.jpg
土壁の調湿性能を損なわないように如何に断熱をするか。。あるいはそのままで行くべきなのか。。かなり悩んでいます。もう少し悩みます。。。